脱毛は体に悪影響がある?|医療脱毛神戸クラブ

脱毛は体に悪影響がある?

 

今や脱毛は女性にとって常識となりつつありますが、気になるのは
体に対する悪影響があるかどうかだと思います。

 

脱毛には様々な施術方法がありますが、基本的に悪影響は無いようです。

 

ただし、小さいヤケドや一時的な肌の赤み、体感的な汗の量の増加など、
時間とともに治っていきますが、アフターケアが必要な場合がありますので
注意が必要です。

 

 

肌への負担は脱毛の方法によって大きく異なります。

 

例えば「電気脱毛(針脱毛)」は、毛穴に細い針を刺し込んで微弱な電流を
流す施術方法です。

 

これにより、熱が毛乳頭を破壊するため、脱毛効果は非常に高い利点がありますが、
痛みを感じたり、ヤケドのリスクが高い方法と言えます。

 

 

一方、最近主流となっている「光脱毛」はレーザーを毛の元に照射して脱毛を
行うのですが、肌の状態に合わせてレーザーの出力を変更できるので、痛みが
少なく、肌への負担が少ないといえます。

 

ただし、脱毛効果はその分下がるため、何度かの施術を行う必要があります。

 

 

また、医療脱毛であれば、医師の管理のもとで施術が行われますので、不安が
ある場合は医療機関で行われている脱毛を選ぶと良いでしょう

 

「医療提携」をウリにしている脱毛サロンもありますが、場合によっては名義
だけを貸している「看板だけ医療提携」のサロンもありますので、注意が必要です。