脱毛期間中の自己処理方法|医療脱毛神戸クラブ

脱毛期間中の自己処理方法

医療脱毛期間中に自己処理をしても良いのか気になりますが、
脱毛方法により処理も変わる事を覚えておかないといけないです。

 

医療脱毛には大きく分けて二つの方法があります。

 

1つは針脱毛でニードル脱毛と言われています。
1本一本処理をするので時間がかかるのと、針なので痛みを伴う事があります。

 

ただし施術を行ったところは確実に脱毛ができるので永久脱毛を期待できる方法です。

 

そして自己処理方法ですが毛を1本1本処理するので、少し毛を生やしておく必要がある為、
医療脱毛する数日前から伸ばしておかないといけないです。

 

2つ目の医療脱毛方法はレーザーによる脱毛でほとんど痛みを
伴わないのと広範囲に渡ってできる為、針で行うよりも施術時間が短くて済みます。

 

ただし針脱毛よりか永久性は低くなります。

 

家での処理方法ですがレーザー脱毛は黒い部分に反応させるので
毛があると火傷をする可能性がある為、毛を剃っておく必要があります。

 

確実に脱毛結果を出すなら

 

医療脱毛を行って実際本当に効果がでるのかどうか気になります。
昔に比べ料金はかなり安くなったとは言え、
それなりの料金になりますので本当に結果が出る場合のみしか申込したくないです。

 

そんな方の為に医療脱毛の施術方法と効果についてをまとめましたので、参考にしてください。

 

医療脱毛は大きく分けて2通りの方法があります。
一つは針脱毛と呼ばれ、1本1本毛穴に刺して電気を流し脱毛をしていきます。
針を刺すわけですからそれなりの痛みがあるのと、施術時間がかなりかかり1日つぶれてしまいます。

 

しかし結果の必ずでるのが針脱毛で永久脱毛できます

 

そしてもう一つはレーザー脱毛で光を肌に当てる事でメラニンに反応させて脱毛する方法です。

 

針のような傷みがなく広範囲をいっぺんに行うことができるので、
最近の医療脱毛の主流はこちらになります。

 

光と言うとエステやサロンで行なうものを想像し、効果が低いのではと思いがちですが
医療脱毛で使用している機械は高性能なので、永久脱毛も夢ではないです。

 

確実に結果をだしたいのであれば施術前に医師に相談する事をお勧めします

 

 

>三宮でオススメの脱毛サロンはコチラ<