顔を行う場合の注意点|医療脱毛神戸クラブ

顔を行う場合の注意点

医療脱毛で意外にニーズが高い部分に顔があります。
しかし顔は腕や足に比べると繊細な場所なので、医療脱毛を申込む前に以下の事を頭に入れておきましょう。

 

まず最近の医療脱毛の主流はレーザー脱毛なので光を肌に当てて行う為、
目に近い顔を行う場合は目の上にタオルや専用めがねを置いて施術を行っていきます

 

そして一度には当てる事はできないのでいくつかのパーツに分けて行っていきます。

 

また施術後の炎症や痒みですが通常は多少赤みが出る程度です。

 

でもまれに毛穴部分が炎症を起こし次の日あたりから2、3日後まで赤いぷつぷつがでる場合があります。
これは細菌が毛穴から入ってしまった為に起こる現象ですので、
このような肌荒れを起こした場合は直ぐに行ったクリニックに連絡をしてみてもらいましょう。

 

ただ元々にきびが多く悩んでいた人は医療脱毛で毛の量が減った事で
毛穴が引き締まりにきびのないきめの細かい肌になりますので美白肌が期待できます

 

このように医療脱毛は炎症が出ないようにだけ気をつければ大丈夫なので、
しっかりカウンセリングを行い不安を取り除いて施術してください。

 

高齢になっても脱毛は受けられるのか?

 

40代、50代になっている人でも20代の人達と同じようにムダ毛に悩んでいる人も多いです。

 

最近はスポーツで体を引き締めてスタイルが
良くなり見た目年齢が若い人も増えているのでムダ毛のないツルツル肌で
お洒落をしたいミドルエイジの人が多くなっています。

 

では医療脱毛は未成年者の規制はありますが上限年齢もあるのでしょうか?

 

結論から言いますと医療脱毛をするのに上限年齢はないです。

 

しみやシワがあっても逆にレーザー効果で薄くなることもあるので、
美肌効果も期待できますので高齢の人ほどお勧めできるのが医療脱毛です。

 

しかも医療脱毛は医師が行うので何かあっても直ぐに対応してくれますし
高性能の機械を使うので永久脱毛への道が近いのも嬉しいです。

 

唯一ネックとなる少し高額の値段についても年齢が上になると
お金に余裕が出てくる人が多いので、安いエステに不安に思いながら通うよりも
少々高くても医師が行う医療レーザーで安全に綺麗になった方が良いです。

 

年齢が高くても医療脱毛で美魔女を目指しましょう。

 

 

>三宮でオススメの医療脱毛はココ<